SBクリエイティブ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/14 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
法人向けビジネスにおいて「インサイドセールス」は、多様な顧客ニーズに対応して売上を持続・拡大させていくために有効な施策の1つである。光回線をはじめ通信インフラを提供するNTT東日本(東日本電信電話)も、インサイドセールスによって売上向上を実現させた1社だ。そこで今回、同社 営業推進本部 デジタルマーケティング部の鈴木 理寛氏に、インサイドセールスの取り組みやその成果、成功の秘訣などについて語ってもらった。

ビジネスモデル転換で「セールス方法も改革」

 NTT東日本は2015年、主力ビジネスである光回線の販売で大きな変化があった。これまでの直販モデルから販売パートナーへの卸売りモデルへと変わったのだ。具体的には、販売パートナーが自社サービスにNTT東日本の通信を組み合わせて新サービスを開発し、それを顧客に提供する「光コラボレーションモデル」を展開。この転換により、それまでの「C(個人)向け」の販売から、「B(法人)向け」のセールスが中心となった。

 だが同時に、セールス方法の転換も求められた。鈴木氏は「直販時代は、マス向けにプロモーションを行えば売上が上がるシンプルな構図だったのですが、B向けに変わった途端、同じような手法ではまったく結果が出なくなりました」と話す。

 そこで始めたのがインサイドセールスの専門組織構築であり、各種施策の強化だ。結果的には、リード獲得数が12倍(月間1万2000件)、受注額は10倍にアップする成果を得たという。

 ここからは、インサイドセールスの強化を主導してきた鈴木氏が、取り組みの苦悩と成果とともに、インサイドセールスの成功ポイントを解説する。

この記事の続き >>

  • ・リード獲得が爆増しても「受注につながらなかった」ワケ
    ・インサイドセールスで体感した「3つの苦労」
    ・劇的な成果を挙げた「データ活用」の全貌
    ・リード獲得12倍、受注額10倍につなげた「2つの成功ポイント」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます