株式会社マネーフォワード 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/04/08 掲載

“進まないDX”とはサヨナラ、成功事例から探る「社内DX」でやるべきこと

記事をお気に入りリストに登録することができます。
近年、DXに取り組む企業が増える一方、いまだに取り組めていない企業や成果を出せていない企業は少なくない。こうした企業がまず取り組むべきなのが「社内DX」だ。では、社内DXを進めることで企業にどのようなメリットがあるのだろうか。DX推進の一手となる社内DXとその鍵を握る「システム連携」について、導入に成功した企業の事例を交えながら紹介する。
photo
「システム連携」で社内DXはどのように進められるのだろうか
(Photo/Shutterstock.com)

実際は“そこまで進んでいない”DXの取り組み

 「社内DX」とは、バックオフィス業務の効率性や生産性を向上し、組織全体の体制や働き方を変革する取り組みのことで、「バックオフィスDX」とも呼ばれている。デジタル化の第一歩の取り組みとして「社内DX」が効果的であるとされているが、国内企業では思うように進んでいないのが現状だ。

 IPA(国立行政法人情報処理推進機構)が2023年3月に発行した「DX白書2023」によると、国内企業における2022年度のDXの取り組みは、増加傾向にあるものの、未だ約3割の企業がDXに取り組んでいない状況にあるという。

 さらに、取り組んではいるものの実際に成果が出ている企業は2割程度と「進まないトランスフォーメーション」状態に陥っている。

 また、部門別の取り組みを見ると、IT部門では5割程度がDXに取り組んでいる一方、バックオフィス部門では、3割に満たない。

 国内企業では中々進んでいない社内DXだが、全社的なDXの取り組みを行うためには、まず社内DXに取り組む必要があるだろう。では、社内DXの経験はDX推進にどのような効果をもたらすのだろうか。社内DXに成功した企業の事例から、DX推進の“鍵”となるシステム連携まで詳しく見ていこう。

この記事の続き >>

  • ・「社内DX」がDX推進の一手になる理由
    ・社内DXの“鍵”となる「システム連携」とは?
    ・医薬品メーカーの事例から見る成功の“コツ”

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます