パーソルホールディングス株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/03/22 掲載

「採用vs育成」必要なのはどっち?圧倒的デジタル人材不足を乗り切る“ある施策”

記事をお気に入りリストに登録することができます。
企業において、DX推進の障壁となるのが大幅な「DX人材不足」だ。人材が不足しているほど、採用に頼ろうとしがちだが、DX人材の求人倍率が10倍を超える中、採用するだけで不足を賄うことは困難なのが現状である。そこで、企業に求められるのが、社内人材の“育成”だ。本稿では、育てるべき人材や成果につながる人材育成の方法を基に、デジタル人材の争奪戦に“勝ち抜く方法”について解説する。
photo
成果につながるDX人材育成とはどういったものなのだろうか
(Photo/Shutterstock.com)

今やDX人材は「争奪戦」の時代に

 まず、DX人材をめぐる現状について確認しよう。DX人材の採用は現在、争奪戦の様相を呈している。「DX推進に関する最新動向調査レポート2021」(パーソルホールディングス)によれば、DX人材の求人倍率は10倍に増加。高度IT人材については、20倍もの求人倍率となっている。DX人材の採用は激化しており、企業側のハードルが高い状況だ。

 実際に同調査では、9割近い企業が量・質ともにDX人材の不足を実感しているという。加えて「DX推進のためのスキルを持った人材を社内育成できない」ことが、DX推進の取り組みの障壁としてトップの回答となった。

 DX人材が確保できず、DXをスムーズに推進できない場合、今後大きな経済損失につながる可能性がある。経済産業省が公開している「DXレポート」では、企業のDXが十分に推進されない場合、 2025年から年間最大12兆円もの経済損失が発生すると予測した。

 DX推進は、個々の企業はもちろん、日本経済全体にとっても喫緊の課題となっているのだ。その解決策として挙げられるのが、DX人材の採用に代わる社内人材の「育成」だ。

 では、なぜ今、人材育成が求められるのだろうか。次章以降では、DX人材の育成が重要な理由や育成方法のプロセスを基に、「争奪戦」を勝ち抜くポイントを解説する。

この記事の続き >>

  • ・“採用にはない”DX人材を育成するメリット
    ・DX推進に向けて「育てるべき」人材とは?
    ・成果につながる育成方法「3つ」のプロセス

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます