GO株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/03/22 掲載

たった1度の事故で倒産も……社用車の危険運転で「8割減」に大成功した“AIの秘密”

記事をお気に入りリストに登録することができます。
現在、多くの企業が業務全般でDXを進めているが、中には見落としがちな業務も存在する。その1つが社用車の安全管理だ。1度でも交通事故を引き起こせば、企業のブランドイメージは失墜し、ステークホルダーからの信頼も失うなど、自社に大きな悪影響を与える。そうした中で注目されている対策がある。それを実行した企業の中には、危険運転を8割減、脇見運転を9割減に成功したという。ではどのようにして、安全管理を遂行すべきなのか。
photo
安全運転を管理するにはどうすべきなのか
(Photo/Shutterstock.com)

社用車で重大事故を起こしたら……

 これまで、重大な交通事故が発生するたびに、ドライバーに対する法規制が強化されてきた。それにも関わらず、アフターコロナへの移行で社会が活気を取り戻している昨今では、交通事故の発生件数がコロナ禍に比べて微増しているというデータが出ている。

 社用車が交通事故を起こせば、自社のブランドイメージを失墜させるだけでなく、ステークホルダーからの信用も一瞬で失うなど、重い社会的責任が問われる。業種によっては、たった1度の交通事故で、事業継続が危ぶまれたり、最悪の場合は倒産に追い込まれるケースもある。そのため法人は、ドライバーの運転技術の向上や、交通事故防止に対する取り組みを積極的に行っていく必要がある。

 ただし、社用車の管理における通常業務は多岐にわたり、企業はそれらに加えて安全管理基準を満たすための業務にもリソースを割かなければならない。その上、ドライバーの運転技術の維持・向上の取り組みまで行っていくとなると、企業および現場担当者の負担は計り知れない。

 だが現場担当者の負担軽減、さらにドライバーの運転技術向上につながると期待できる施策がある。社用車の安全管理にAI技術を活用することだ。

この記事の続き >>

  • ・「99%以上の精度」で危険運転を検知するAI
    ・安全管理で重くなる業務負荷をどう減らす?
    ・大手ビルメンテナンスが「危険運転8割減」に大成功した秘密

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます