TIS株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/03/27 掲載

もうクラウドを諦めない!ハードルを乗り越える基幹システムのクラウド移行「最適解」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
多様なシステムのクラウド移行が加速しており、企業の要となる基幹系システムも例外ではない。ただし、システムの稼働停止や問題発生が許されないミッションクリティカルなシステムは、クラウド移行へのハードルも多く、特有のノウハウや高度な技術力が求められる。こうしたシステムのクラウド移行に成功した企業は、どのようなポイントを押さえていたのか。事例を交えながら解き明かしていく。
photo
ミッションクリティカルシステム、クラウド移行の「最適解」は?
(Photo/Shutterstock.com)

26%はすでに実践、見えてきたクラウド移行のポイントとは?

 IT領域において、ビジネス環境変化に追随するスケーラビリティの確保、災害対策、コストの最適化、IT人材確保課題の解決等、さまざまな観点から、クラウドの活用がますます進んでいる。しかし、ミッションクリティカルシステムにおいてはその限りではない。ミッションクリティカルシステムには、高い処理性能、可用性、安全性が求められ、また、限られた時間内で大規模なデータ移行を行う必要がある。従来のオンプレミス環境と同等の性能を確保しつつ、それらの厳しい要件を満たすことが難しく、クラウド移行を断念する企業が少なくない。

 しかし、昨今、クラウドも進化しており、ミッションクリティカルシステムが求めるこれらの要件を満たすような、高い機能と先進性を備えたクラウドも増えてきた。パブリッククラウドへの移行事例も増え、ミッションクリティカルシステムのクラウド化は決して不可能ではない。

 実際、ある調査データでは2023年、26%の企業が基幹系システムのクラウド化をすでに実践しているという。こうした数多くの先例から、知っておきたい知識や押さえておくべきポイントなども見えてきた。

 実際にどのようなパブリッククラウドがミッションクリティカルなシステムに適しているのか、クラウド移行を成功させるために何が必要なのか、成功事例からその要素を読み解いていく。

この記事の続き >>

  • ・オンプレミスの知識だけでは移行をスムーズに終えられない現実
    ・大手生保の事例:オンライン性能を従来の2/3、バッチ性能は同等以上に
    ・ミッションクリティカルだからといってクラウド移行を諦めたり、移行先を妥協する必要はない

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます