アルプス システム インテグレーション株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/06/10 掲載

40%→28%…「ゼロトラスト」導入企業がなぜ減少? 必要だけど諦めがちな「原因4つ」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
サイバー脅威が増大し、従来の境界型防御は限界を迎える中で、「ゼロトラスト」の重要性が大きく高まっている。しかし国内企業を見てみると、むしろゼロトラストの導入が年々減ってきているというのだ。なぜこのような事態が起きているのか。本稿では、各種調査などからセキュリティの現状と課題を明らかにした上で、現実的かつ実効性のある「ゼロトラスト」実現への道を探っていきたい。
photo
なぜ、ゼロトラスト導入済み企業が減少しているのか?
(Photo/Shutterstock.com)

ゼロトラストが大注目される納得理由

 「すべての通信の安全性を信用しない」ことを前提に、情報セキュリティへの脅威を防ぐ「ゼロトラスト」。この概念はコロナ禍以降、急速に広まった。その背景となったのは、リモートワークに代表されるビジネス環境の大きな変化だ。

 具体的には、社内と社外の境界がなくなってきていることだ。総務省のレポート「令和4年通信利用動向調査 ポイント」によると、7割以上の企業がクラウドサービスを利用している。同時に、リモートワークを導入した企業がすでに5割を超えた。これは、重要な情報資産がクラウドのような「社外」に保管され、同時に、さまざまな環境から社内ネットワークへアクセスできるようになったという状態を表している。

 もう1つ着目すべき重要課題は、内部不正による情報漏えいの増加だ。IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の「情報セキュリティ10大脅威」では、2023年には4位だった「内部不正による情報漏えい」が、2024年には3位に上がり、検挙数(警察庁発表)も過去10年間で6倍に増加した。これらは、現職従業員による誤操作・誤認のほか、中途退職者による漏えいが上位に入っているという。

 従来のような境界を前提としない強固な認証機能やアクセス管理、マルウェア対策だけでなく、人的要因による内部不正にも対処する必要がある。その具体的かつ効果的な解決策として、多くの企業がゼロトラストの導入に踏み切っているのである。だが実態は、導入済み企業は減少傾向にあり、導入・運用の障壁は高い。なぜこうした状況に陥るのか。

この記事の続き >>

  • ・導入済みは40%→28%、ゼロトラスト「4つの障壁」とは
    ・導入率“1位”のゼロトラストソリューションは?
    ・ゼロトラスト実現に「最重要の鍵」とは

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます