• スペシャル
  • 会員限定
  • 2011/09/27 掲載

既存資産を有効活用する営業戦略 ~売上アップを約束する「名刺」の活かし方~

三三株式会社 日比谷 尚武氏インタビュー

記事をお気に入りリストに登録することができます。
厳しい経済状況が続く中、多くの企業は新規投資を抑え、足下を固めることに集中しているように見える。しかし、そうした状況下でも、売上増や受注増を実現している企業は存在する。ここでは、その売上増に成功した企業が活用しているサービスを紹介しよう。ほとんどの企業が保有する“ある既存資産”を、新しい視点で活用するこのサービスは、営業活動に大きな変革をもたらすはずだ。

「売上20%増」を実現した
既存資産を活かすクラウドサービス

 「前年比売上が20%増」「売上が4000万円アップ」「取引額が10%以上増加」……。いずれも、あるクラウドサービスを導入した企業の実データである。サービス開始はわずか4年前。しかし、すでに500社を超える企業が導入し、その多くが売上アップに成功している。この不況下に、導入企業がなぜこのような実績を出すことができたのだろうか。

 その注目のサービス「リンクナレッジ」を展開する三三株式会社 Link Knowledge事業部 マーケティング部長兼広報室長 日比谷 尚武氏は、サービスのキーワードは「既存資産をどう活かすか」にあると語る。

photo
三三株式会社
Link Knowledge事業部
マーケティング部長 兼 広報室長
日比谷 尚武 氏
「現在の日本の経済状況は、決して明るいとは言えません。企業が継続的な成長を目指すなら、営業活動の伸長は欠かせませんが、こうした状況下では、莫大な投資をして営業活動を拡大するのは難しいでしょう。しかし、静観して手をこまねいているだけではジリ貧です。では、大きなコストをかけずに営業活動を拡大/効率化するにはどうすればよいのか。そこで、『既存資産を活かす』という考え方が重要となります」

 企業が大きなコストをかけられない今だからこそ、既存資産を活用して利益を拡大することがより有効な手段になると日比谷氏は語る。しかし、営業活動の拡大に寄与する既存資産とは、一体何だろうか。

「それはあらゆる企業、ほとんどの営業マンが持っている『名刺』です。我々のサービスは名刺のデータを活用して、企業の収益を最大化するのです」

この記事の続き>>  既存資産である名刺を活かして
             売上アップを実現できるサービスとは?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます