• スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/07/11 掲載

「仮想化統合をどうすれば?」――失敗しないサーバー仮想化統合の考え方と必須ポイント

記事をお気に入りリストに登録することができます。
モノ、ヒト、カネすべての面で増え続けるITシステムのコストを一挙に削減する上で、「サーバーの仮想化統合」はもっとも有効な手段の1つだ。だが一方で、どのように自社のシステムの移行を進めるべきか、いまだに迷っている経営者やIT担当者は少なくない。そこで今回は、この6月にIBMの最新システム「IBM PureSystems」を日本で初めて稼働させるなど、仮想化統合ビジネスの先駆的存在として知られるJBCCに、「失敗しないサーバー仮想化統合の考え方と必須ポイント」を伺ってみた。

仮想化統合に踏み切れない理由の正体は「仮想化はこわい」

photo
JBCC
クラウド・インテグレーションセンター
ITスペシャリスト
伊藤正吾氏
 企業がサーバーの仮想化に踏み切れない理由として、意外や「仮想化」という言葉自体をこわがっている例は珍しくないと、JBCC クラウド・インテグレーションセンター ITスペシャリスト 伊藤正吾氏は明かす。

「仮想化の実際をよく知らないというだけで、必要以上に難しいといった警戒心を抱いてしまうのです。そうした場合、当社ではデモやセッションを積極的に提案して、まずは実際に、仮想化されたシステムの画面などをお見せするようにしています」。

 そうすると、それまで心配顔だったユーザーのほとんどは、「なんだ、物理システムと基本は変わらないのか」と納得するという。

 この第一の心理的関門をクリアした後、仮想化統合のメリットを正しく伝えることに集中する。というのも、世間で話題になっているわりには、現場のユーザーは仮想化統合についての予備知識を持っていないからだ。仮想化統合ビジネスの責任者であるクラウド・インテグレーションセンター センター長 関口薫氏は、「ほとんどのお客様は、最初から仮想化統合を考えているわけではありません。むしろサーバーのリプレース時期が迫ってきた、老朽化が進んでいるといった、よんどころない事情に迫られて、『では、次をどうしようか?』とご相談に見えるケースがほとんどなのです」と語る。

 では、そうした抜き差しならない必要に迫られて訪れてきた企業に、JBCCではどのようなアドバイスを行っているのだろうか。

この記事の続き >>
・サーバーの統合と仮想化、成功のポイントとは
・仮想化で陥りがちな思わぬ失敗とは?


この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます