ソフトバンクBB株式会社/シスコシステムズ合同会社/株式会社PhoneAppli 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/03/19 掲載

いよいよ日本でも本格化するBYOD、スマートフォン導入をコスト削減につなげる

記事をお気に入りリストに登録することができます。
スマートフォンの登場により、場所や時間に縛られないワークスタイルを実現し、高い生産性を確保できる可能性が見えてきた。その一方で、そのメリットを十分に理解しつつも、導入をためらう企業は少なくない。その要因のひとつが、これまでの携帯電話を大きく上回るスマートフォンのコスト問題だ。こうした問題の解決策として、日本でも本格的な「BYOD(私物端末の持ち込み)」時代の到来が目前に迫っているようだ。

スマートフォン活用がワークスタイル変革の鍵

photo
シスコシステムズ
コラボレーション アーキテクチャ事業
エバンジェリスト
石原 洋介 氏
 顧客ニーズの多様化や市場のグローバル化、社員のワークライフバランスへの要望など、ビジネスを取り巻く環境の変化はスピードを速めるばかりだ。変化に耐えられる強い企業へと成長するためにはワークスタイル変革を起こさなければならない。シスコシステムズ コラボレーションアーキテクチャ事業 エバンジェリスト 石原 洋介氏は次のように指摘する。

「ワークスタイル変革の意義とは、社員の潜在能力を引き出せる働き方や会社風土を創ることにあります。スマートフォンをフル活用して、場所や時間に縛られないワークスタイルを実現できれば、業務の効率もワークライフバランスも改善できます」

 こうしたメリットが明白にありながらスマートフォン導入に二の足を踏んでしまう企業が多いのは、コスト負担とセキュリティ問題が大きなハードルになっているためだ。スマートフォンは従来の携帯電話に比べて高機能で、パケット定額費用もかさむため、どうしても高額になりがちだ。

 こうしたコスト増に対して、社員の私物スマートフォンを業務に利用する「BYOD(Bring Your Own Device)」なら抑えられるが、今度は情報漏えいをはじめとするセキュリティの不安が生じる。スマートフォンには、顧客の名前や電話番号をはじめ、コミュニケーションの履歴など、PC以上にセンシティブな情報が含まれており、安全性を確保しながら利用しなければならないのは間違いない。このジレンマが、スマートフォン導入に二の足を踏ませる企業を生む結果となっている。

 これらの課題を解決するのが、「スマホシンクライアント」だ。コスト、社員の使い勝手、セキュリティの課題を解決し、BYODで安全にユニファイドワークスペースを構築できるという。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます