日本アイ・ビー・エム株式会社 、 日本アイ・ビー・エム株式会社(VSR) 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/10/16 掲載

東大 江崎教授らが語る、企業活動を止めないIT基盤を実現するモバイル・クラウド活用術

記事をお気に入りリストに登録することができます。
現在の企業にとってITとビジネスは一体であり、企業活動を止めないIT基盤の確立が急がれている。だが、これには巨額のコストがかかり、限定的な対処にならざるをえないのが現実だった。一方で目先を変えてみると、社員の生産性を高めて機動的なビジネスを行うため、多くの企業でクラウドやモバイルの活用が進んでいる。実はこうしたクラウドやモバイルの技術こそ、IT基盤の継続性を強化していく上での重要な鍵を握っている。

リスクマネジメントを含めたIT事業戦略を見直すべき

photo
東京大学 大学院
情報理工学系研究科 教授
江崎 浩 氏
 周知のとおり、現在のあらゆる産業や社会生活はITなしには成り立たない状況となっている。ITと無縁の企業はもはや存在しないといって過言ではなく、新しいさまざまなビジネスやサービスがITをベースに生み出されている。

 裏を返せば、ITの停止はそのままビジネスの停止と直結するだけに、企業にとって「止めないIT基盤」を確立することが急務となっている。地震や津波、火山の噴火、台風など、常に自然災害のリスクと直面しているわが国では特に切実な問題だ。

 では、この課題に対して個々の企業は具体的にどのように取り組めばよいのか――。そこに大きなヒントを示唆したのが、IBM主催のWebセミナー「Hybrid IT Camp 企業活動を止めないIT基盤 モバイル・クラウド活用術」に特別ゲストとして登場した東京大学大学院情報理工学系研究科の教授である江崎浩氏である。

 江崎教授によると、3.11東日本大災害において、わが国を窮地から救ったのがデータセンターである。「データセンター内で稼働していたサーバは一台もダウンすることなく、銀行のトランザクションも含めて運用を継続しました。このおかげで日本の産業は崩壊することなく生き残ることができたのです」と強調する。躯体・設備の堅牢性、電源供給の継続性に加え、緊急事態のために日頃の準備を怠らなかったジャパンクオリティのデータセンターの真価が発揮された。

 一方で、データセンターがいくら守られていても、それを使う社員がITにアクセスするすべが確保されていないことには結局、ビジネスは寸断されることになるのは周知の事実。実際、SNSを含めて、もっとも“つながる”ITはスマートフォンをはじめとする、モバイル端末だったことはだれもが知るところである。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます