株式会社ワークスモバイルジャパン、ChatWork株式会社、株式会社テンダ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/11/11 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
ジャーナリスト/メディア・アクティビストとして、八面六臂の活躍を見せる津田大介氏。Twitterが国内で普及し始めた2009年頃、短い言葉で情報を発信し続ける「tsudaる」という言葉が流行るなど、短文で情報発信・情報共有を行う一時代を切り開いた人物でもある。その津田氏は今、チャットツールをどう使いこなしているのか。また、現在のビジネスチャットの盛り上がりをどう見ているのか、話を聞いた。

ビジネスチャットが注目される背景にあるスレッドによるメッセージ管理

──歴史を振り返ると、「tsudaる」という言葉が生まれたのは今から7年前の2009年のことです。限られた文字数で情報を発信していくチャット的なスタイルが受け入れられた分岐点だったようにも思います。

津田氏:古くからネットにはIRCの文化がありましたし、ICQからMSN MessengerやSkypeなどの各種メッセンジャーもあり、チャットそのものは決して目新しいものではありません。ただ、Twitterという文字数が制限された中で情報を発信・交換する仕様が、不必要な挨拶などをそぎ落としていった面はあったと思います。

 また、ここに来てビジネスシーンで注目を集めているのは、チャット風のインターフェースにユーザーが慣れたことが大きいんだと思います。具体的には、Gmailとスマートフォンの普及ですね。以前のメールは、メールソフトの中でフォルダを作って管理していましたが、Gmail以降、メールは同一の話題のスレッドによる管理が当たり前になりました。

 スマートフォンも同じです。特にiPhoneのSMSのインターフェースはガラケーのメールボックスと異なり、完全にスレッド形式です。それによって、会話のようなコミュニケーションの流れを把握するのが簡単になり、こっちの方が簡単で便利だということに多くの人が気づいたのだと思います。

 その流れをビジネスに特化させたのがビジネスチャットツールで、現在はさまざまなツールが登場しています。僕は複数のコミュニケーションツールを使い分けていますが、自分の会社内ではチャットツールを利用しています。

──ビジネスシーンではどのようなメリットがあるのでしょうか?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ


関連コンテンツ


処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​