ようこそゲストさん

ベリタステクノロジーズ合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/04/25 掲載

企業内の「ダークデータ」がITの“隠れコスト”になっている理由

記事をお気に入りリストに登録することができます。
いまや企業データを管理する際に、クラウドを組み込むことは当たり前になった。問題は、データをクラウドとオンプレミスにどう分類して保持すべきかという点だろう。クラウドにデータを保存する場合、可用性や保護、アクセシビリティの確保も求められる。進展するデジタル・トランスフォーメーションの中で、ビジネスに対応できる柔軟性を備えながら、リスクとコストを低減できるデータ管理体制を探る。

photo
クラウド時代のデータ保護とは?
(© sdecoret – Fotolia)


データは「クラウドに置けば安全」と考えるのは誤解のもと

 企業におけるクラウド活用は、ビジネスの根幹となる新たなスタンダードとして認知されるようになった。実際に現時点でも、企業の7割以上が複数ベンダーのクラウドサービスを利用しているという。

 従来までは、情報系システムをクラウドサービスに置き換えることが主流だったが、ここに来てERPなどの基幹系システムに対しても、クラウドへ移行する企業が増え始めている。そうなると必然的に重要なデータもクラウド上に置くことになる。

 クラウドサービスは、プロバイダーによって冗長性や耐障害性に関して万全な対策が取られている。たとえば、万が一何か障害が起きた際には、SLA(サービスレベル合意)によって規定された時間内にクラウドサービスのアクセスを回復することを保証している。

 しかし、多くのクラウドサービスプロバイダーは、データアクセスの回復を保証するものの、データの整合性や損失については、その責任を負わない。クラウド上のデータ保全性はサービス契約の制約条件によって限界があるのだ。

 したがって「クラウドにデータを置きさえすれば、すべてが安全」と考えるのは誤解のもとだ。そこで重要なデータは、常に別のクラウドサービスでバックアップを取ったり、オンプレミス専用アプライアンスに複製しておくなど、いざという時のリカバリ対策が必須となる。

 一方でデータを無暗やたらとクラウドに移動したり、オンプレであってもあらゆるデータをバックアップしていれば、逆にコストとリスクが増してしまう。企業に蓄積されているデータのうち、実態を把握できていない「ダークデータ」に費やされるストレージ予算は平均で52%にも上るといわれる。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます