ようこそゲストさん

東京エレクトロン デバイス株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/03/27 掲載

リプレースはもう不要? 超高速オールフラッシュでもコストを抑えられるワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
近年ますます加速するデータ容量の増大化は、企業の大きな悩みの1つだ。その対応はもちろん、快適な業務環境を提供するためにも、企業は「性能」と「コスト」をうまく両立させたストレージを慎重に選定しなければならない。このうち「性能」を考えるとオールフラッシュストレージは有効な選択肢になるが、コストの面で見劣るケースも少なくない。しかし今、こうした課題をユニークなしくみで解決する選択肢が登場しているという。

photo
コストと性能を両立させたオールフラッシュストレージの秘密
(Photo/Getty Images)

データ爆発時代、情報システム担当者を悩ますストレージ管理

 モバイルデバイスの普及やネットワークの高速化、さらにはAIやIoTの進展で、世界のデータ量は増加の一途をたどっている。こうした事態は企業としても無関係ではなく、データを管理するためのストレージ基盤も常に増強が必要になる。

 ストレージは、ファイルサーバなどの基盤だけでなく、仮想デスクトップインフラ(VDI)を含む各種仮想サーバやデータベースなどの基盤に利用されることが多く、性能によってはユーザーの業務生産性や顧客向けサービスの品質に直接影響を与える。性能や可用性の要件は、慎重に検討しなければならない。

 とはいえ、無限の予算が使えるわけではない。ストレージのデータ容量と性能を引き上げることはもちろん大事だが、コストとのバランスを十分に検討しなければならない。

 さらにもう1つ、ストレージの管理で頭を悩ますのが、数年置きに必ずやってくるストレージのリプレースである。新しい製品を選定の手間はもちろん、データの移行や各種設定、リプレース作業に伴う業務の停止など、小さな手間が積もりに積もると、その工数は決して看過できないものになるだろう。

 また、異なる導入時期に複数の製品を導入していれば、毎年のようにストレージの更改・移行作業に追われる事態も発生するデータ量が増大する一方、労働生産性の向上が求められる今日では、それに応えられる”新しい発想”のストレージ製品が必要になってくる。

この記事の続き >>
・高価なイメージが付きまとう「オールフラッシュ」でもコスト削減ができるワケ
・ストレージの「保守切れ」を不要にしたユニークなしくみとは?
・仮想基盤、VDI、データベースなどで効果をもたらした事例を紹介

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます