ようこそゲストさん

ヴィーム・ソフトウェア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/12/23 掲載

新常識、リモート時代のデータ保護「7つの要件」。ローカルはどうする?クラウドは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
新型コロナの感染の拡大により、リモートワークなどのいわゆるニューノーマル時代に向けたワークスタイル変革が企業の間で広がっている。ただ、そこで持ち上がっている難題が、データ管理リスクの増大だ。対応に向け、どんな方策を講じるべきか。データの保存場所である「ローカル」と「クラウド」、それぞれのデータ保護で求められる要件を解説する。

photo
コロナ禍を受けて、企業のデータ保護は新たなフェーズに入った。
(Photo/Getty Images)

リモートワークで顕在化する新たなデータ管理リスク

 新型コロナの感染拡大を機に人の働き方は大きく変わった。社員が1つの場に集まる様式から、リモートワークで分散して働く、いわゆる“ニューノーマル”な働き方へとシフトした。

 同様に、ビジネスデータの管理の在り方も、会社配布のPCや自社システム、会社が契約したクラウドなどの会社が用意した環境から、個人PCや個人契約のクラウドなど、会社の管理外に変化しつつある。

 だが、これが企業にとって大きなリスクであることは明らかだ。データは企業の重要な資産の1つ。だからこそバックアップなどの管理に手間とコストを投じてきた。だが、データが分散していくことで、必然的に従来のデータ保護の運用では行き詰まる。リスクが顕在化した場合、最悪、業務が停止してしまう。

 新型コロナの収束がいまだ見通せないことで、ワークスタイルは今後、さらに変わる可能性が高い。不透明な将来へのリスク回避に向け、最適なデータ管理に向けて、何に、どう取り組むべきなのか。「ローカル」と「クラウド」で分類し、データ保護の新常識、「7つの要件」について見ていこう。

この記事の続き >>
・「ローカル」でのデータ保護で必要な4つの要件
・「クラウド」データ保護策、3つの要件
・“ネクストノーマル時代”に先手を打つためのポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​