ようこそゲストさん

ヴイエムウェア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/02/12 掲載

“刷新”しなくても解決できる、サイロ化したITインフラ脱却の2つのポイント

記事をお気に入りリストに登録することができます。
IT基盤の複雑化が企業に暗い影を落としている。オンプレミスや、仮想環境、クラウドなどの環境の混在により管理の手間とコストが増すとともに、活用時の柔軟性も低下するという厄介な事態を招いているのだ。この状況を放置しては、今後、変化への対応がさらに困難になることは明白だ。打破するカギはクラウドによる「標準化」と「自動化」だ。

photo
クラウドによる「標準化」と「自動化」、具体的な道筋とは?
(Photo/Getty Images)

企業のIT基盤が直面する3つの課題

 ビジネスの変化スピードが増し、環境変化に即応する機動的なIT活用が強く求められる中、その稼働を支える企業のIT基盤は今、3つの課題に直面している。

 まずは「サイロ化」だ。IT基盤はその時々の最新技術を取り込みつつ継続的に最適化されながら進化してきた。進化のひずみとも言える個別管理が、運用負荷の増大を招いていることは周知の通りだ。パブリッククラウド、エッジコンピューティングなどの基盤の選択肢が広がる中、このままでは運用負荷のさらなる増大は避けられない。

 2つ目の課題が「柔軟性の欠如」だ。基盤がサイロ化すれば互いにリソースを融通し合うことは困難となる。必然的に、アプリ開発時などには併せて新たなIT基盤の整備も求められ、カットオーバーまでの時間とコストもそれだけ増してしまう。

 3つ目は「非効率性」だ。IT基盤はハードやソフトなどのさまざまなコンポーネントにより構成され、サイロ化が進むほど運用に必要とされる知識や労力が増す。それが巡り巡ってITの迅速な活用の足かせになっている。

 これらの課題を放置したままでは、今後も変化し続けるビジネス環境に対応していくことは不可能である。ここからは、解決への具体的な道筋を探っていこう。

この記事の続き >>
・サイロ化からの脱却のカギは「標準化」と「自動化」
・標準化と自動化を加速するクラウド活用術
・基盤の種類を一切問わず最適化が可能に

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます