ようこそゲストさん

ポスタス株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/02/26 掲載

実店舗が直面する難題、「コロナ対応」と「収益向上」をどう両立するか?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
飲食・小売・理美容を含むサービス業、特に店舗を構える事業者は今、苦境に立たされている。将来的な労働者不足が懸念されるなか、2020年からはコロナ禍に苦しめられてきた。より一層の生産性向上に加え、顧客や従業員の安心・安全のための環境整備という課題も抱えている。新しい日常における店舗の在り方とは、どのようなものなのだろうか。

photo
飲食・小売・理美容など、実店舗を持つ業態は対応を迫られている
(Photo/Getty Images)

手作業による手間やミスと、店舗の安心・安全が課題

 実店舗を持つ企業は現在、さまざまな課題に直面している。

 1つは、言うまでもなく昨今のコロナ禍を受けての「安心・安全」の確保だ。実店舗においては、顧客および従業員の安心・安全を担保するため、ソーシャルディスタンスを保った接客が求められている。

 労働力不足という、コロナ禍以前の課題も解決しないままだ。パーソル総合研究所の予測によると、2030年には460万人もの人材が不足するという。労働力確保のために、採用・教育はもちろん、従業員の定着化や省人化が強く求められている。

 労働生産性の向上もテーマの1つだ。実店舗運営では、スタッフの手作業に頼らざるを得ない業務が多いが、たとえば飲食店においてはオーダーミスや集計ミスはどうしても起こり得る問題だ。多店舗展開をしている事業者の中には、本部や店舗間の情報伝達を、個別メールやメッセージツールだけに頼っているところもあるが、経営判断の迅速さや正確性、継続性が損なわれるといった懸念もある。

 またもちろん、売上向上や客数増への対策も必須だ。小売業ではECと連携したマルチチャネルの効率化、理容・美容・サロンでは、リピーターを育成するための顧客管理やコミュニケーションの合理化が求められている。

 このように挙げると、現在実店舗が取り組まなければならない課題の多さが浮き彫りになる。特に顧客と従業員の安心・安全の確保については喫緊の課題だ。「ニューノーマル」型の店舗として、ソーシャルディスタンス対応をしつつ、収益性を高める方法はないだろうか。

この記事の続き >>
・労働力確保・生産性向上・集客の課題を解消する方法とは
・店舗状況の見える化で、スタッフ全員による売上向上を促進
・「ニューノーマル」型の店舗に向け、人材・コスト・情報をまるごと支援

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます