Claris International Inc. 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/10 掲載

4割が「内製化を推進」、ローコード開発で成功した企業が挙げる最大のメリットとは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
デジタル改革を進める手段として「ローコード開発」が注目を集めている。高度なプログラミングの知識がなくてもアプリを開発できるローコード開発ツールの導入は、現場主導でDXを実現する上で大きな力になる。実際に導入した企業はどのような成果を得ているのだろうか。

photo
ローコード開発はなぜ注目されているのか?
(Photo/Getty Images)

「ローコード開発」を取り入れる企業が増加中

 現在、産業界では「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の必要性が叫ばれているが、デジタル改革にも順序がある。DXへのはじめの一歩となるのが、従来の業務プロセスをデジタル化し、業務の効率化や生産性の向上を図る「デジタイゼーション」だ。

 デジタイゼーションを実現するためには、ITツールの利活用が欠かせない。中でもSaaSは比較的短期間で導入できることから、採用する企業も増えている。しかし、既存のパッケージ製品を利用していては企業独自の強みを生かせなかったり、特殊な業務分野ではそもそも適合する既存サービスが存在しなかったりする事情もある。

 こうした場合、独自のシステムをスクラッチで開発することになるが、開発コストが難点となる。そして、外部委託で開発した場合は、システムに変更を加えたくてもベンダーのスケジュールに合わせなければならず、想定外の費用がかかることもある。このような事実が、従来、デジタイゼーションや業務効率化の大きな足かせとなってきた。

 そこで今、世界中で注目されているのが、プログラミング言語によるコーディングを極力抑えてアプリケーションを開発できる「ローコード開発」だ。専門のエンジニアでなくとも比較的簡単に開発できるため、システムを内製化しやすい。さらに、部門単位の簡単なものから全社で活用できるシステムまで、必要に応じてタイムリーにアプリケーションを作れるのも特長だ。

この記事の続き >>
・ローコード開発で成果を得た企業が挙げるメリットとは?
・「フォーチュン500」の企業の7割以上が採用するローコード開発
・信州ハム事例:生産管理システムの内製化で全社的な業務改革へ

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます