サイバーリーズン・ジャパン株式会社/富士通株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/02/10 掲載

被害に遭った企業が「後悔している」10項目、ゼロトラストの重要性が浮き彫りに

記事をお気に入りリストに登録することができます。
昨今、新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってテレワークを採用する企業が増えている。オフィス内での使用を想定していたPCが必然的に社外に持ち出されることとなり、情報資産をどう守っていけば良いかに頭を悩ませるセキュリティ担当者が少なくない。さらにコロナ禍では、サイバー攻撃を受けても現地まで復旧に行くことも難しい。そこでセキュリティ強化策として検討したいのがゼロトラストセキュリティの構築だ。その実現に向けて、何が必要で、どんな対策が有効なのか。実際にサイバー被害を受けた企業が悔やんでいるポイントなどから、あぶり出していく。

photo
狙われるテレワーク、エンドポイントから始めるゼロトラストセキュリティのすすめ
(Photo/Getty Images)

コロナ禍で困難になったセキュリティ対応

 新型コロナウイルスは世界各国で猛威を振るっており、仮にどこかでセキュリティインシデントが発生しても、現場まで足を運び迅速に対応することが困難になっている。

 このように情勢が不安定な中、ランサムウェアの被害に遭う企業が後を絶たない。また、サイバー攻撃の手口も変化しており、データを暗号化してシステムを使用不能にするだけでなく、窃取したデータを拡散すると脅迫するなどして金銭を要求する「二重脅迫」型のランサムウェアも登場している。

 コロナ禍で浮かび上がったセキュリティ対策の穴を象徴する被害事例がある。2020年10月、国内の企業が標的型攻撃を受け、社内にランサムウェアを拡散された。その結果、個人情報や営業情報が流出する被害が発生している。その原因は、海外拠点で古いVPN装置を接続したことにある。社員のテレワークへの移行に合わせてVPNの負荷を軽減させる狙いがあったが、装置の脆弱性を突かれて侵入を許してしまった。

 サイバー攻撃者のビジネスモデルの変化とテレワークを採用する企業の拡大を受け、昨今ではエンドポイントセキュリティの重要性が認識されるようになった。そもそも現状では、どの程度対策ができているのだろうか。そして、どのような対策を講じれば良いのだろうか。

この記事の続き >>
・穴の空いた桶には水が貯まらない
・実際にサイバー攻撃で被害を受けた担当者が悔やむ「10の不備」
・ニューノーマルに対応したゼロトラストの実現方法、本当に効果的なのは?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます