ようこそゲストさん

株式会社セールスフォース・ジャパン(Slack) 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/16 掲載

オフィスとリモート、どちらも働きやすい“デジタルな職場”の作り方

記事をお気に入りリストに登録することができます。
新型コロナウイルスの影響で社会は大きく変わった。企業での働き方も、リモートワークが強く推奨され、オフィス出社とのハイブリッドワークが常態となっている組織も多い。ハイブリッドワークで求められる、時間と場所、組織の壁を越えてコラボレーションできる“デジタルな職場”には何が必要になるのだろうか。

photo
ハイブリッドワークを実現する職場には何が最も必要なのか?
(Photo/Getty Images)

ハイブリッドワークを成功させる3つの“つながり”とは

 オフィス出社とリモートワークをうまく組み合わせて、時間と場所を有意義に利用できる働き方は、新型コロナウイルス対応だけでなく、働き方改革やジョブ型雇用など、さまざまなメリットがある。ハイブリッドワークの環境・文化が整った企業では、各メンバーが集中して業務を遂行でき、なおかつメンバー間や顧客との情報共有も円滑に行われている。子育てや介護を担う従業員が存分に力を発揮でき、また外部の専門人材とのコラボレーションも容易になるだろう。

 そんなハイブリッドな働き方を支えるために、さまざまなデジタルツールが導入されている。チャットや音声による議論・情報共有に加えて、ビデオ会議、場所を選ばずアクセスできる社内のファイルシステムや、各種ビジネスアプリなどだ。

 ただし、便利なツールをあれこれと導入するだけで、ハイブリッドワークが成功するわけではない。中心的なコラボレーションの仕組みを用意し、組織の事情に合わせて各種連携をし、着実に運用をしていく必要がある。

 ハイブリッドワークを成功させるためのコラボレーションの仕組みには、3つの“つながり”が必要だ。この3つを満たし“デジタルな職場”を構築する方法を、実例とともに紹介しよう。

この記事の続き >>
・「約1年半以上、一度も出社していない」担当者が語る3つの“つながり”の必要性
・従業員、パートナー、アプリとつながるコラボレーションのプラットフォーム
・メンバー38万人が利用するIBMの事例や、逆に中小企業の活用事例など

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​