株式会社セールスフォース・ジャパン(Slack)/株式会社マネーフォワード 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 2022/09/05 更新
記事をお気に入りリストに登録することができます。
なぜ“バックオフィス”が60億稼ぐ? 船井総研「コスト部門」変革の軌跡とは

1970年創業の船井総合研究所は、1988年にコンサルティング業界初の株式上場を果たし、2014年にホールディングス化した。現在は船井総研ホールディングスの傘下に複数の事業会社を展開している。関連会社の船井総研デジタルは、「バックオフィス・トランスフォーメーション」を推し進めることにより、グループ内部売上高10億円に対し、外部売上高60億円を計上するなど、バックオフィス部門のプロフィットセンター化に成功したという。この事例をもとに、DXの秘訣を探る。

バックオフィスの在り方を再定義し、付加価値を創出するプロフィットセンターへ

 船井総研デジタルは、船井総研グループのバックオフィスを集約したシェアードサービス会社として事業をスタートした。現在はバックオフィスサービスやコンサルティングサービスを外部に提供し、グループ内部売上高10億円に対し、外部売上高60億円を計上している。

 同社が推進する「バックオフィス・トランスフォーメーション」は、バックオフィスの在り方を再定義し、付加価値を創出するプロフィットセンターへと導くことを目指している。その実行手段について、代表取締役社長を務める柳楽仁史氏は次のように語る。

「まず、コストセンターと捉えられがちな間接業務を『サービス』として捉え直し、生産性と収益に貢献できるバックオフィスに変えていきます。次に、生産性が上がって発生した余剰の時間や人員を外販に振り向け、プロフィットセンターとして自立させます。事務スタッフの数字意識を高め、最終的には自らのサービスを外部に提供できるスタッフになるというストーリーです」(柳楽氏)

 現在、グループ外の売上高は60億円だが、2014年のホールディングス化に伴って分社した当時、外部売り上げはなく、グループ内部の間接業務を引き受けるシェアードサービスとしての色合いが強かった。バックオフィス・トランスフォーメーションを経て、間接業務の生産性を上げ、余剰で発生した人員や工数を外部に振り向けていき、外部に売れる価値を創出したのだ。

 柳楽氏は「バックオフィス・トランスフォーメーションの実践は非常に苦しい、試行錯誤の連続でした」と振り返った。船井総研デジタルでは具体的にどのようにバックオフィス部門のDXを進めたのか? 柳楽氏はそのポイントを事例とともに説明した。

この記事の続き >>
・可視化と定量化にチャレンジし、価値を証明する
・業務の棚卸と工数管理でコストを削減し、生産性を上げる
・余剰リソースをプロフィットセンターに振り向ける方法
【続きを見るには?】 当コンテンツの閲覧に際してアンケートのご協力、および規約文への同意をお願いいたします。

勤務先での立場

下記に同意した上で、クリックしてください。

<規約同意事項>

  • 規約に同意して閲覧するボタンをクリックすると、お客様の個人情報は、SBクリエイティブ株式会社から以下の提供先に提供されます。なお、提供される個人情報には、アンケートに入力いただいた内容、コンテンツの閲覧有無や閲覧時刻等の情報が含まれる場合があります。
  • お客様の個人情報は、以下の提供先がお客様とのコンタクトおよび情報提供(Eメール、ダイレクトメール、FAX、電話によるご案内)、ならびに各社のプライバシーポリシー等に定める利用目的のために利用いたします。また、SBクリエイティブにおける個人情報の利用目的については、下記プライバシーポリシーをご参照ください。
  • お客様の個人情報は、提供先のプライバシーポリシー等の下で適切に取り扱われます。

提供先及びそのプライバシーポリシー等についてはこちらをご参照ください。
【提供先】
株式会社セールスフォース・ジャパン(Slack)(https://slack.com/intl/ja-jp/trust/privacy/privacy-policy
株式会社マネーフォワード(個人情報の取扱について


SBクリエイティブのプライバシーポリシー
https://www.softbankcr.co.jp/ja/privacy/

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​