株式会社LegalForce 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/10/20 掲載

2000社が採用した「契約業務DX」、審査時間を“7割も削減”させた、凄すぎる方法とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
多くの企業で、デジタルトランスフォーメーション(DX)による業務効率化やビジネスモデルの変革が求められている。こうした中、ビジネスの根幹を支える契約業務においても、より一層の効率化が重要視されている。同時に、人的ミスによる契約違反や思わぬ契約更新といったリスクの低減を両立させなければならない。これまでは人手を介してきた契約審査や契約管理だが、デジタル技術を適用することで、企業はどのようなメリットを享受できるのだろうか。契約業務のDXに必要な対策と併せて解説する。

photo
契約業務をデジタル化・DXすることでどのような効果を得ることができるのか
(Photo/Getty Images)

人の管理で起きる「締結前後のリスク」とは

 ビジネスになくてはならない契約。そもそも契約書とは、当事者間の権利・義務関係を明らかにするものだ。権利を有効に活用すれば自社に大きな利益をもたらす半面、義務については違反すれば大きな損害を及ぼしかねない。だからこそ、契約締結には万全を期す必要がある。では契約内容に不備があった場合、具体的にどのようなリスクが生じるのか。

 契約のリスクは締結の前と後で存在する。締結前のリスクには、「不利な条項が含まれている」、「契約内容が法律に違反している」「実際の取引内容からかい離している」といったものがある。契約締結後のリスクは、「気づかぬうちに契約に違反していた」、「権利を適切なタイミングで行使していない」、「予期せぬ更新や解除が発生していた」といったものだ。

 こうしたリスクを予防するために、締結前であれば契約書のレビューや修正、交渉が行われる。締結後では契約書をきちんと整理し、管理台帳を作成して更新期日や権利もすぐに把握できる状態にしておく。これらの予防策はこれまで「人の目と手」に依存してきた。しかし、人手を介した契約業務は、どうしてもミスが発生しやすい上に時間がかかってしまう。

 事業環境の変化が激しい昨今においては、そうした状況が企業の競争力を落としてしまう。そのため企業は契約業務にもDXを推進する必要がある。ではデジタル技術を取り入れることで、どういった効果を得られるのか。ここからは契約DXに必要な取り組みとその効果を解説する。

この記事の続き >>
・たった3年で2000社が採用した「契約業務DX」
・66%が経験した「知らずの契約更新」による支払いをどう防ぐ?
・【事例】契約審査の時間がなんと7割も削減

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​