株式会社ダイレクトクラウド 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/09/26 更新

約3割が完全クラウド移行済、今更聞けない「脱ファイルサーバ」すべきこれだけの理由

記事をお気に入りリストに登録することができます。
コロナ禍によってリモートワークが進むなど働き方が大きく変化し、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)も加速しつつある。そのような変化に伴い、従来、多くの企業で情報共有に用いられてきたファイルサーバの課題が顕在化している。すでに約3割の企業がクラウドストレージへの移行を完了している現在、今更聞けない「脱ファイルサーバ」すべき理由を分かりやすく紹介する。

photo
「脱ファイルサーバ」がDXを加速させる
(Photo/Getty Images)

従来のファイルサーバが抱える3つの課題

 働き方の変化に伴い、社内外の情報共有・共同作業の仕組みの整備が喫緊の課題となっている。従来のファイルサーバには、大きく3つの問題が挙げられる。

 1つ目はセキュリティの問題だ。ファイルサーバ単体でファイルの持ち出しを防ぐことは非常に難しい。専用のツールを別途導入する必要があり、その場合は運用が複雑化し、コストも増大する。

 2つ目は利便性の問題。リモートワークへの対応としてVPNの利用が挙げられるが、多くの社員が同時にアクセスすると負荷がかかり、速度遅延などが発生する。また、VPN機器やライセンスの費用は、同時アクセスへの負荷対応能力の高さに応じて高額となるため、全社員に適用することは現実的ではない。

 3つ目はコストの問題だ。上記の費用に加え、Windows Serverの場合、CAL(クライアントアクセスライセンス)が発生する。ファイルサーバはハードウェアの老朽化に対応する保守や交換部品だけではなく、ライセンスコストやOSのサポート期間などの縛りもあるため、業務環境と関係なく5~7年に1度は全入れ替えが必要となる。

 この3つの問題を解決し、既存のファイルサーバに縛られずに企業のDXを進めるにはどういった方法があるのだろうか。

この記事の続き >>
・NASやファイルサーバからの脱却、どんな方法がある?
・調査で判明、「ファイルサーバ単体では新しい働き方に対応できない」時代に
・事例:リモートワーク増加で「脱ファイルサーバ」を決意、クラウド化の決め手になった2つのこと

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​