アスエネ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/10/28 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
経営や投資においてSDGsやESG(環境・社会・ガバナンス)への注目度は衰えない。近年では、取引先との条件にESG経営が盛り込まれているケースがあるほか、融資などで金銭的メリットを享受できることもある。ここではSDGs研究の第一人者である慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授 蟹江 憲史氏と、CO2排出量の削減に向けたクラウドサービスを展開するアスエネ 代表 西和田 浩平氏に、これらの日本の取り組みと、最適な経営アプローチについて話を聞いた。

日本の脱炭素化で注目すべき「2つのターニングポイント」

──環境負荷低減やESGの取り組みに関する日本の動向を、世界に比べてどのように見ておられますか。

慶応義塾大学大学院 蟹江 憲史氏(以下、蟹江氏):いまは脱炭素がメインの話になりますが、日本は世界からかなり後れを取ってしまいました。太陽光パネルやEV車でも後手に回っている状況です。特に欧米はグリーンエネルギーにかじを切り始めるなど、もはや世界とのギャップを埋めることは一筋縄ではいかないという印象です。

 アジアで見ても早く動き出している国もあり、うかうかしていられません。放っておいたらいつの間にかとんでもない遅れをとっているということになりかねません。実は20年前までごろは、日本にも脱炭素で先行する分野がありました。

 京都議定書のころから地球温暖化対策の議論が行われてきましたが、当時は経済団体も温暖化対策強化には反対の立場で、自主的な取り組みに任せるということで、世界をリードするような対策を十分とってこなかった。そのツケがいま回っています。政府も企業も危機感を持つ必要があると思います。

アスエネ 西和田 浩平氏(以下、西和田氏):欧米より日本は一部後れていますが、最近はESG経営に関わるアクションが増えています。2020年当時、菅政権が脱炭素社会に向けて所信表明し、CO2削減や再生可能エネルギーへの動きが加速しました。2021年6月には東京証券取引所が、上場企業が守るべき「コーポレート・ガバナンスコード」の改定を発表しました。これにより「サステナビリティの方針を定めて、気候変動の情報を国際的な枠組みに基づいて開示すべし」という原則ができました。

 開示していない場合でもペナルティーはありませんが、「なぜやらないのか」という点を株主などに報告しなければなりません。今年から企業からの相談も増えてきて、ようやく少しずつギアを上げてきたように感じます。危機感が少し強まってきたように見受けられますが、まだ政治も企業もリーダーシップが足りない気がします。

──日本における脱炭素のターニングポイントは2点あるということですね。

この記事の続き >>
・環境対策で企業が得られる「融資・取引・採用」のメリットは?
・CO2排出“見える化”の工数を「70%削減」できるスゴイ方法
・成功事例:CO2の見える化で受注アップを実現できたワケ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​