SoftwareONE Japan株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/10/18 掲載

「オンプレのほうが良かった」を防ぐには? クラウド移行「成功の条件」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
これまでオンプレミスで活用してきたシステムをクラウドに移行することは、企業にとって重大な決断となる。特に重要なシステムであるほど失敗は許されないため、移行には慎重にならざるを得ない。では、実際にクラウド移行を検討するとき、どのようなポイントに注意すれば失敗のリスクを減らせるのだろうか。クラウド移行を成功に導く条件を整理する。

photo
失敗しない「クラウド移行」、ポイントは何か?
(Photo/Getty Images)

クラウドシフト時代、なぜ「オンプレ回帰」は起きるのか

 企業ITにおけるクラウド活用は、ごく当たり前になった。特にコロナ禍では、テレワークをはじめとする働き方の変化に対応するため、Microsoft 365などのSaaS系サービスの導入が急増し、クラウドはより身近な存在になったといえるだろう。

 一方で、ミッションクリティカルなシステムを含む基幹系システムについては、コロナ禍以前からクラウド化の動きが継続している。特にクラウドの柔軟性やコストメリットを享受するため、オンプレミスで使ってきたシステムをパブリッククラウドのIaaS/PaaS環境に移行するケースが少なくない。

 ただし、現実にクラウド移行の検討を開始すると、さまざまな課題に直面してプロジェクトが進まないという声も聞く。たとえば、「どのクラウドが適しているか分からない」「すべてのクラウドに精通しているベンダーは少ないため、適切なアドバイスが得られない」「見積もりをとったら予想より高く、オンプレミスのサーバを購入したほうが安そうだ」など悩みは尽きない。

 さらに、実際にクラウド移行したものの、「思ったほどパフォーマンスが出ない」「ソフトウェアのライセンスやデータ通信量によって想定以上のコストがかかってしまった」など、想定していた成果が得られないケースもある。その結果、オンプレミスに回帰する事例も散見される。

 クラウド移行に伴うこうしたリスクを可能なかぎり減らし、柔軟性やコストなどのクラウドのメリットを最大限に引き出すには、どのような対策が必要なのだろうか。

この記事の続き >>
・トラブルを回避する、クラウド移行の「最重要ポイント」は何か
・マイクロソフトのグローバルパートナーによる、Azure移行支援は何がスゴイ?
・FRONTEO事例:1PB超えのデータを扱うオンプレをいかにしてAzureに移行したか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​