アカマイ・テクノロジーズ合同会社 、 ゼットスケーラー株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/12/09 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
ビジネス環境が激変する中、サイバー攻撃のトレンドも大きく変化しており、企業にとってセキュリティ対策は喫緊の課題となっている。とはいえ、企業活動の中で、「ビジネス効率や利便性を追求すること」と「脅威に対する防御網を整備すること」を両輪で進めることは容易ではなく、その実現には経営層の意識改革や組織づくりも同時に進める必要があるだろう。本記事では、「サイバーセキュリティマネジメント入門」の著者であり、金融ISAC 専務理事/CTO を務める鎌田敬介氏が、最新のサイバー攻撃のトレンドを紹介しつつ、経営課題として「サイバーセキュリティマネジメント」に取り組むための実践的方法を解説する。

なぜ、攻撃トレンドの変化を把握することが重要なのか

 変化するサイバー攻撃のトレンドに対して、組織的に対処していくことを考える場合、どのポイントから対処していけば良いのか悩む企業は少なくない。金融ISAC専務理事/CTOの鎌田敬介氏は、企業のサイバーセキュリティマネジメントにおいて、まず考えるべきは「最新の情勢を正しく把握すること」だと指摘する。

 たとえば、サイバー攻撃の最新情勢の1つに「フィッシングの急激な増加」がある。フィッシングと言っても、従来のように1回の攻撃で金銭を盗むのではなく、まず盗み取った個人情報からWebメールにアクセスし、その情報を利用して金銭を盗むという多段階的な攻撃が最近では主流になってきているという。また、これまで「フィッシングメールは日本語が不自然」と言われてきたが、昨今は日本語の精度も上がってきており、認識を改める必要がある。

 こうした攻撃側の変化に対して鎌田氏は、「確実にサイバー攻撃のトレンドは変わり続けています。セキュリティ管理者はその動向に常に目を向け、組織として広範囲かつ多角的な情報収集や分析の態勢を整えていかなくてはなりません」と強調する。

 足元では、ロシアウクライナ問題をキッカケにサイバー攻撃のトレンドも大きく変化しつつある。ここからは、そうしたサイバーセキュリティの最新情勢を紹介しつつ、組織による課題解決に必要なポイントを解説していく。

この記事の続き >>
・ロシアウクライナ問題下で展開される「大規模なサイバー攻撃」の動向
・企業の取締役に意識調査、サイバーセキュリティに対する意識とは?
・あなたの会社はできてる?鎌田氏が解説「セキュリティ対策の4つのポイント」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます