開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

レノボ・ジャパン、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/08/03

導入事例

ホワイトペーパー
TOTOの商品力を支える各事業部の解析力を、いかにして向上させたのか?
トイレ、バスルーム、システムキッチン、洗面化粧台などの水まわり商品をトータルに提供しているTOTO。2017年に創立100周年を迎える同社は、長期経営計画の一環としてITへの取り組みを強化してきた。今回は品質向上と新しい価値創造を目的として、商品開発を支えるCAE(Computer Aided Engineering)基盤を刷新。全社で共通化したCAE基盤実現により、各事業部の解析力を底上げし、開発効率化や設計品質を実現させようとしている。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●新商品の開発や不具合防止で重要な役割を担うCAE
●事業部の垣根を越えたCAE環境構築へ
●解析する端末や場所を選ばないCAE環境を実現

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!