開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

エス・アンド・アイ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/04/18

製品資料

ホワイトペーパー
システム管理者の運用負担を大幅に軽減する、仮想化基盤の救世主
仮想化が当たり前となった現在、ユーザーからのハードウェアリソース要求が増え、仮想化環境の拡大による運用負荷の増加が課題となっている。導入時にも新規追加するハードウェアの価格やハードウェアごとの互換性、ライフサイクルなどの課題が山積みだ。こうした現状の中、システム管理者の運用負担を大幅に軽減する「Cisco Unified Computing System」(UCS)が登場。その特長や価値を解説する。
ページ数:30ページ
<概要>
  1. Why Cisco UCS?
  2. 一般的な企業の課題
  3. UCS Manager(管理スイッチ)
  4. Service Profile
  5. 拡張性
  6. 冗長性
  7. S&I Managed Service

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!