開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/07/11

技術文書

ホワイトペーパー
Windows10移行、IoTデバイス管理に、業界初のクラウド型UEMソリューション
現在の企業では、ノートPC、デスクトップPC、タブレット、スマートフォンなど多様なデバイスが活用される。さらに、Windows、iOS、Androidなどプラットフォームも多様で、同じWindowでも異なるバージョンが混在するなどエンドポイントの環境は混とんとしている。こうした複雑化するエンドポイント環境を統合的に管理するのが統合エンドポイント管理(UEM)だ。IBM MaaS360 with Watsonは、IBM Watsonのテクノロジーを活用し、さまざまな要素が混在するエンドポイントを管理・保護する業界初のクラウドベースのコグニティブUEMソリューションだ。
ページ数:12ページ
<概要>
  1. 統合エンドポイント管理への道
  2. MDMの進化
  3. 統合エンドポイト管理— API セットとエージェントの収束
  4. Windows 10への移行に備える
  5. ウェアラブル、高耐久性デバイス、IoTの管理
  6. 適切なUEMソリューションの選択
  7. コグニティブUEM向けIBM MaaS360 with Watson
  8. UEM向けIBM MaaS360を企業が選択する理由
  9. IBM MaaS360の製品エディション

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!