開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/02/26

技術文書

ホワイトペーパー
「コンテナ」の活用実態は?グローバル調査が示す興味深い事実
現在、「コンテナ」はアプリケーション開発における最もホットなテクノロジーだ。ただし、その評価は立場によって異なる。その実態を明らかにするため、IBMは米国、カナダ、英国、オーストラリア、インド、マレーシア、シンガポールの16業種にわたる206人の開発者、開発部門エグゼクティブ、ITエグゼクティブに対して調査を実施した。本資料はその結果レポートだ。たとえば、コンテナに最も価値を見いだしているのは開発者であり、最も価値を見いだしていないのはITエグゼクティブだという。また、最も広くされているのはDockerだが、約40%の回答者が複数のベンダーを使用している。企業における「コンテナ」活用の実態を確認できる貴重な資料となっている。
ページ数:12ページ
内容(一部抜粋)
●重要なポイント
●コンテナに対する役割別見解
●採用を推進する要因
●採用の分析
●コンテナ開発の未来
●コンテナ開発の価値
●プラットフォームの比較
●コンテナへの投資
●付録

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!