開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社オージス総研提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/02/22

技術文書

ホワイトペーパー
2024年に迫る「INS回線廃止」、レガシーEDIに依存する企業は何をすればよいのか?
ネットワーク経由で、あらかじめ決められた書式で発注書、納品書、請求書などのビジネス文書を電子的に交換する仕組みが「EDI」だ。企業間取引の効率化に欠かせないEDIだが、大手企業や業界ごとに方式が異なることもあり、中堅企業にとっては対応が難しいという課題が指摘されている。さらに2024年1月には、NTT東西がINSネットデジタル通信モードを廃止するため、電話回線を利用したレガシーEDIが利用できなくなる。こうした課題に対応するには、どうすればよいのか。本資料では、特に早急の対応が求められる中堅企業における課題と対策を中心に解説している。
ページ数:11ページ
内容(一部抜粋)
●EDI普及の状況
●中堅企業におけるEDIの普及率
●中堅企業におけるEDIの課題
●INS回線の廃止の影響と初動チェックポイント
●本格的なインターネットEDIへの移行に向けて

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!