開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本オラクル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/07/05

技術文書

ホワイトペーパー
真のクラウドと偽のクラウドの見分け方、その「クラウド」は名ばかりかも?
ビジネスの変化に柔軟に対応するために選んだはずのクラウドシステムだが、クラウドの意味をねじ曲げてその名をつけることで人々の目を欺こうとするベンダーも存在する。その結果、知らずに偽のクラウドアーキテクチャーを選んでしまった企業は、面倒なアップグレード作業に悩まされることになる。本稿では、真のクラウドと偽のクラウドの見分け方のコツを伝授。実際に真のクラウドへ移行した企業の事例も併せて紹介する。
ページ数:13ページ
内容(一部)
●概要
●なぜ組織はCloud Financialsへと移行しているのか
●真のクラウド 対 偽のクラウド
●クラウドプラットフォームがビジネスプロセスやITを簡略化する
●結論と事例研究

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!