開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

横河レンタ・リース株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/13

技術文書

ホワイトペーパー
デバイスから運用までユーザー単位で管理、「Device as a Service」の発想とは
2020年1月にWindows 7の延長サポートが終了することから、Windows 10への移行が求められている。しかし、中堅・中小企業にとって最新の環境に円滑に移行することは容易ではない。また、専任のシステム担当者がいないような企業では、移行後のPCの管理は大きな作業負荷となる。そこで検討したい選択肢の1つが「Device as Service」の考えを取り入れることだ。本資料は、デバイスの調達から管理までの作業から解放されたいというニーズを抱えている企業、またスタートアップやベンチャー企業、事業拡大に伴い急激に社員が増えており柔軟かつ手間のかからないPC環境を必要としている企業は必読の内容だ。
ページ数:5ページ
内容(一部抜粋)
●レンタルPCとDevice as a Serviceは何が違う?
●利用者にひもづくサブスクリプションモデル
●Windows 10特有の運用管理にも包括的に対応する

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!