開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/07/04

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】みずほ証券が選んだ最先端のシステム基盤の実態、「大規模計算」を高速化する
債券や株式の引受業務などの投資銀行分野では常にトップクラスの実績を持つみずほ証券は、2008年から「デリバティブ評価システム」の高速化に取り組んできた。現在、1日当たり約100万件のシミュレーションを行っており、その件数も規模もさらに拡大し続けている。同社はインフラ刷新を決意し、高度化・複雑化するデリバティブ評価計算の高速処理とともに、XVAに代表される大規模リスク計算の要求にも応える環境を整えている。計算性能が競争力に結びつく金融業界。ここで選ばれた最新のシステム基盤の実態を探る。
ページ数:4ページ
目次(一部抜粋)
●デリバティブ評価にどんなシステムを採用するのか
●アプリケーション資産と自社の「スキルセット」を生かす選択とは
●特別なプログラミングスキルなく計算を高速化
●パフォーマンスあたりのコストを激減させるために

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!