開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本オラクル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/10/14

技術文書

ホワイトペーパー
中堅・中小企業がクラウドERPへ移行すべき4つの理由、会計パッケージはなぜ限界?
業務のIT化が進んだことで、これまで企業を支えてきた会計パッケージの限界が見えてきた。会計機能にのみ注力した多くの会計パッケージでは、受発注や営業管理、サービス管理などの会計以外のシステムとの連携がスムーズではなく、情報の再入力や照合作業などの手間がかかってしまうのだ。企業の成長を阻害する要因にもなりかねない。本資料では、会計パッケージから統合型クラウドERPへ移行すべき4つの理由を紹介し、会計パッケージとの違いやその導入メリットを詳しく解説する。
ページ数:2ページ
目次
●業務全体をカバーできない単一ソリューション
●業務の進捗が部分的に可視化され、全体を把握できない
●会計パッケージによるIT課題とコスト
●一般会計パッケージの限界がビジネスの限界に

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!