開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • 調査結果でわかる、「ストレージ管理の効率化」でどれだけの差が生まれるのか

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/09/26

技術文書

ホワイトペーパー
調査結果でわかる、「ストレージ管理の効率化」でどれだけの差が生まれるのか
ITシステムがビジネスの成否を握る存在となった現在、万が一、システムに障害があった場合は多大な損害を受ける可能性もある。そのため、ITインフラの安定稼働は最優先事項であり、特に要となるストレージ環境では迅速なトラブルシューティングが求められる。しかし、製品によって障害予測・検知機能のレベルはまちまちで、その差は障害回復の時間に大きく影響を及ぼす。本資料では、調査会社であるESGが実施した、IT管理者を対象とするストレージにまつわる調査の結果を紹介。複数社のストレージ製品を比較し、ストレージ管理業務の効率化がどれだけ企業の運用コストに影響を与えるかを定量的に示す。
ページ数:15ページ
目次(一部抜粋)
●変化が求められるエンタープライズサポートモデル
●ESGによる定量的調査研究の目的と調査結果
●ストレージ管理の効率化による経済的影響のモデリング
●従来型ベンダーのサービス品質の問題

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!