開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ミロク情報サービス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/12/14

技術文書

ホワイトペーパー
経理業務はExcelだけあれば十分? 会計ソフトが必要かどうかを判断する方法
経理業務を補助するツールとしてさまざまな会計ソフトが利用される中、最もコストを抑えられるツールがExcelをはじめとする表計算ソフトの活用だろう。経理の仕事には決算・帳簿・仕訳などの日次業務や月次業務が多数あり、しっかりと知識とスキルを持った経理担当者がいるのであれば、それで事足りるかもしれない。そこで本資料では、経理業務のツールとして、Excelのみを使用する際のメリット、ならびにデメリットについて説明する。自社に会計ソフトが必要かどうかの判断材料にもなるので、ぜひ一読してほしい。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●損益計算書でチェックすべきこと
●貸借対照表で押さえておくべきこと
●会社の安全性を見る3つのポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!