開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本オラクル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/10/09

技術文書

ホワイトペーパー
オラクルとマイクロソフトのクラウドは相性が良い? 相互接続テストの結果報告
いまや、多くの企業がクラウドを活用している。IT担当者を対象としたある調査では、約84%がマルチクラウド戦略を採用し、大企業では平均で5種類のクラウドを利用しているという。こうした中、オラクルとマイクロソフトが、両社のクラウドであるOracle CloudとMicrosoft Azureでパートナーシップを結んだ。オンプレミスのシステムでは、データベースにオラクル、OSやアプリケーションでWindowsを利用するケースが圧倒的に多い。同構成のオンプレミスのシステムをクラウド化しようと考えている企業にとっては、気になるニュースだろう。そこで本レポートでは、Oracle CloudとMicrosoft Azureを実際に相互接続し、接続速度を測定している。両社のパートナーシップの裏付けとなる客観的なメリットが本当にあるのかどうか、ぜひ確認したい。
ページ数:8ページ
内容(一部抜粋)
●クラウド相互接続の必要性とは
●Microsoft Azure と Oracle Cloud の相互接続性
●クラウドへの容易なデータベース移行

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!