開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本オラクル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/10/09

技術文書

ホワイトペーパー
限界迎えたデータベースからの脱却、次世代クラウドのデータウェアハウスとは
現在の企業にとって「データ」はビジネスに不可欠な資源だ。ただし、そのデータ量は爆発的に増大している。もはやオンプレミスのシステムでは、量的にもコスト的にも、爆発的に増大するデータを蓄積・管理することは困難だ。一方クラウドであれば、原理的にはデータ量の増大に合わせて無制限に拡張できる。ただし、単にクラウドへ移行すれば良いわけではない。商用のクラウドサービスが登場して、すでに15年が経過した。その間にクラウドは進化し、今では「次世代クラウド」と呼ばれる最新テクノロジーで構成されたクラウドサービスが登場している。本資料では、特に大量のデータを蓄積・管理するために必要なデータベースに強い次世代クラウドについて解説する。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●クラウドベースデータウェアハウスが必要な理由
●クラウドに生じた課題
●次世代クラウドによる解決

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!