開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

panaya japan 株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/11/13

導入事例

ホワイトペーパー
迫る「SAP 2027年問題」、大和ハウス事例にみる「最短・低コスト」で乗り切る方法
「SAP 2027年問題」──「SAP ERP (ECC 6.0 )」のサポートが2027年で終了するため、S/4 HANAへの移行、または保守延長のためのEHPアップグレードの対応が迫られている。国内では約2000社がSAP ERPを導入しているが、対応をすでに完了、または着手している企業はわずか2割程度だという。その背景には、ITリソースの需要と供給のギャップが年々拡大していることにある。そのため、企業は残りわずかな期間内で、マンパワーに頼らず効率的に対応プロジェクトを進め、「SAP 2027年問題」を乗り越える必要がある。本資料は、プロジェクト全体をデジタル変革し、時間と労力を大幅に短縮するソリューションについて、大和ハウス工業の事例を交えて説明する。
ページ数:8ページ
内容(一部抜粋)
●「SAP 2027年問題」を乗り切るために「今」取り組むべきこと
●プロセスをデジタル変革して工数を大幅に削減
●大和ハウス工業事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!