開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/10

技術文書

ホワイトペーパー
年間120万円かかっている振込手数料を削減し、お金の流れを可視化できる仕組みとは?
コロナ禍で厳しい経営環境が続く中、企業はさまざまなコスト削減に取り組んでいる。すでに出張経費や印刷・物流にかかる経費などを削減した企業も多いだろう。ただし、多くの企業で見落とされているコストがある。それが、銀行の振込手数料だ。中小企業庁の調査によると、従業員101~300名規模の一般的な企業が支払う振込手数料は年間で120万円以上にのぼるという。その他にも消費税増税による振込手数料の値上がりなど、さまざまな要因から、経理・財務コスト削減への取り組みは必須と言える。本書は、いかにして経理・財務コストを削減していき、さらに業務効率化や企業経営の俊敏化などへとつなげていくかを説明する。
ページ数:5ページ
内容(一部抜粋)
●金融機関への振込にかかるコスト
●経理・財務業務の効率化
●グループ全体の資金を経営につなげる
●高度なセキュリティでリスク軽減

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!