開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社SmartHR提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/08

導入事例

ホワイトペーパー
成功事例に学ぶ、年末調整対応で担当者が燃え尽きないための「ペーパーレス」化
毎年の恒例行事である「年末調整」。管理業務を担当する人事・総務部門の業務負担はかなり大きくなっている。昨今では頻繁な税制改正に伴って内容も複雑化し、各種申告書類の印刷や配布、従業員の記入ミスを防ぐための記入マニュアルの準備、回収、内容確認や差戻しなどで相当な労力を伴う。今後はテレワーク浸透で対面でのコミュニケーションも難しくなる中、年末調整対応のペーパーレス化は避けて通れないだろう。2020年の年末調整が終わったと安心していると、あっという間に2021年の年末調整が近づき、準備の時間が足りなくなることが予想される。以下の資料では、年末調整対応で特に苦労する5つのポイントを踏まえ、年末調整業務をペーパーレス化によって劇的に改善した3社の事例を紹介する。
ページ数:23ページ
内容(一部抜粋)
●「ココが大変、年末調整」、担当者が悩む課題あるある
●年末調整のペーパーレス化に欠かせない機能
●りらいあコミュニケーションズ「約1万9000人の年末調整電子化に成功」
●サッポロドラッグストアー「1カ月半を要した雇用契約締結を10日に短縮」
●ウィルゲート「年末調整の社員対応工数が社員1人につき4分の1に」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!