開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社 日本HP提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/02

導入事例

ホワイトペーパー
公共機関セキュリティ強化事例:なぜ「検知」よりも「隔離」を重視したのか?
行政手続きのオンライン化が進む自治体では、より多くの機密情報を保護する対策が急務の課題といえる。ドイツのボン市も広範な自治体の業務のために、何百ものアプリケーションやツール、専門的なプロセスを運用し、データの保護と業務継続性の向上を目指した。その際、Webブラウザの脆弱性を重視するクライアントセキュリティ型の対策を進めていたが、電子メール対策が不十分であることに気づいて再検討。マイクロ仮想化をベースとするセキュリティ対策によって、マルウェアなど未知の脅威からの保護体制も強化したという。本資料では、同市の取り組みを詳細に紹介するので、公共機関のセキュリティ対策の参考としてほしい。
ページ数:3ページ
目次(一部抜粋)
●住民の貴重なデータを持つ自治体こそセキュリティ対策が肝心
●Eメールとブラウザの保護を1つのソースから
●マルウェアの検知も重要だが、効果的な隔離を重視

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!