開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/26

技術文書

ホワイトペーパー
コロナ禍の「2020年サイバー脅威」まとめ 数十億件のデータを徹底調査
2020年は新型コロナウイルスの影響で世界中が混乱し、それに乗じたサイバー攻撃者による被害が広がっていった。ランサムウェア攻撃は前年より20%増加し、頻繁に攻撃を受けた業界においては、2019 年には第8位だった製造業が、2020 年には2番目に多く攻撃されていたことが明らかになった。これには、攻撃者が新型コロナウイルス感染症ワクチンのサプライチェーンに関与する製造業やNGOを標的としたことが背景にあるという。本書は、2020年の1月から12月までの間に収集した数十億件のデータ・ポイントを用いて、攻撃タイプや感染ベクターの分析、グローバルおよび業界別の比較を行った結果を報告する。主要な攻撃や脅威の傾向、今後の予想、そして脅威への対策などについて詳細にまとめているので、ぜひ一読したい。
ページ数:50ページ
内容(一部抜粋)
●2020年に観測された主要な攻撃
●高度な脅威アクターの存在
●業界ごとの被害
●今後の対策

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!