開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/14

技術文書

ホワイトペーパー
導入「しない」コストは約9,000万円? ID・アクセス管理(IAM)が重要なワケ
リモートアクセスの増加などを背景に、複雑な分散型IT環境が広がる昨今、セキュリティの確保は重要なテーマの1つである。そこで有効なのが、ID・アクセス管理(IAM)プログラムだ。調査会社のPonemonの調査によると、最新のIAMプログラムを導入しない場合、クレデンシャル(認証情報)の盗難1件当たりの企業の平均コストは約9,000万円(87.1万ドル)にも及ぶという。最新のIAMプログラムは、それらの課題を解決するだけでなく、業務効率化につなげたり、企業の業績向上の効果を得ることも可能だという。本書は、最新のIAMプログラムによって得られるメリットや、導入の際に生じる3つの課題、それらを乗り越える方法などを説明する。
ページ数:20ページ
内容(一部抜粋)
●最新IAMプログラムを採用しない場合の落とし穴
●最新IAMプログラムで得られる効果
●導入事例
●円滑な移行を阻む3つの課題と解決方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!