開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アステリア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/06/28

技術文書

ホワイトペーパー
RPAとOCRによる自動化はなぜ難しい? 「新手法」で位置とデータ確認の課題を解決する
人手不足への対応や働き方改革実現のため、多くの企業が定型業務をソフトウェアのロボットで自動化するRPA(Robotic Process Automation)を導入している。特にOCRと組み合わせて大量の紙文書を読み取り、システムに自動入力することを目指す企業は多い。しかし、現実には、書類によってフォーマットが異なるため、読み取る座標位置を定義できなかったり、読み取った情報が正しいかどうかをチェックできなかったりして失敗するケースが多い。本資料では、こうした課題を解決するため、機械学習(AI)などを活用して、読み取り精度を高める新しい仕組みを紹介する。
ページ数:12ページ
内容(一部抜粋)
●業務効率化の担い手として注目される「RPA」
●なぜOCRが活かしきれないのか
●座標定義をしないデータ抽出技術
●RPA化を阻むもう1つの要因「データ精度の担保」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!