アステリア株式会社 、 アステリア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/06/28 掲載

なぜIT部門が主導するRPAプロジェクトは炎上するのか? 失敗事例から学ぶ成功の秘訣

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ホワイトペーパー
技術文書
さまざまな業務を自動化できるツールとして、RPA(Robotic Process Automation)を導入する企業が増えている。ただし、すべてがうまくいっているわけではない。特にIT部門が主導するRPAプロジェクトは炎上することも少なくない。理由は大きく2つある。1つはRPAが"魔法のツール"だと誤解されていることだ。そして2つ目が、IT部門がRPAを「ITツール」と考えて導入することだ。RAPは「デジタルレイバー(仮想労働者)」とも呼ばれ、あくまで人の業務を代行するロボットだ。したがって、代行業務として労働者を現場に派遣するという人事的な視点が必要になるのである。本資料では、実際に炎上したRPAプロジェクトの事例を紹介しながら、RPAを成功させるポイントを解説する。

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます