開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アステリア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/06/28

技術文書

ホワイトペーパー
なぜIT部門が主導するRPAプロジェクトは炎上するのか? 失敗事例から学ぶ成功の秘訣
さまざまな業務を自動化できるツールとして、RPA(Robotic Process Automation)を導入する企業が増えている。ただし、すべてがうまくいっているわけではない。特にIT部門が主導するRPAプロジェクトは炎上することも少なくない。理由は大きく2つある。1つはRPAが"魔法のツール"だと誤解されていることだ。そして2つ目が、IT部門がRPAを「ITツール」と考えて導入することだ。RAPは「デジタルレイバー(仮想労働者)」とも呼ばれ、あくまで人の業務を代行するロボットだ。したがって、代行業務として労働者を現場に派遣するという人事的な視点が必要になるのである。本資料では、実際に炎上したRPAプロジェクトの事例を紹介しながら、RPAを成功させるポイントを解説する。
ページ数:8ページ
内容(一部抜粋)
●業務改善の担い手として期待を集めるRPA
●日本で広く普及したわけ
●RPAプロジェクトはなぜ炎上するのか
●RPAとの組み合わせが最適なEAI
●RPAの進化は3つ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!