開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Okta Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/30

技術文書

ホワイトペーパー
アプリ開発で広まる既存サービス活用、顧客ID・アクセス管理にも利用すべきか?
開発チームがWebやモバイルのアプリケーションを新たに開発する場合、アプリケーション全体を社内で開発するか、もしくは、一部に既存のサービスを使用するという2通りの方法が存在する。既存のサービスとは、サードパーティ製の顧客ID・アクセス管理ソリューション、APIやSDKなどのことを指し、市場投入までの時間短縮や、開発コスト削減などのメリットから、多くの企業が利用している。とはいえ、今まで社内で構築していた場合、外部の構築済みソリューションを使用することに抵抗もあるだろう。本書は、独自の認証システムを開発すべきか、それとも構築済みソリューションを導入すべきかを検討する上で、考慮すべき主な事項と、 構築済みソリューション導入のメリットについて説明する。
ページ数:12ページ
内容(一部抜粋)
●アイデンティティ・アクセス管理の課題
●セキュリティ維持の要件
●構築済みアイデンティティレイヤーのメリット

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!