開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Claris International Inc.提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/10

技術文書

ホワイトペーパー
45%の企業が「ローコード開発」導入を推進、「開発の民主化」が進むワケ
近年、新規に開発されるアプリケーションの数が増加しており、現場においては、アプリケーションの迅速な改善とリリースが求められている。それらを実現するには開発環境をクラウドネイティブへと変革し、DevOps(開発と運用の一体化)といった手法を取り入れ、アジャイルな組織へと変革する必要がある。だが、多くの企業ではレガシーな体制が足かせとなり、それらDX推進を阻んでいる状況だ。そこで昨今、ローコード開発による「開発の民主化」が注目を浴びており、IDCが2020年に実施した調査でも45%の企業が導入を進めているという。本書はローコード開発が普及する背景や、導入を進める企業の動向などを解説する。
ページ数:13ページ
内容(一部抜粋)
●浸透するDevOps/アジャイル
●開発体制の課題
●ローコード開発の拡大

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!