開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ビズリーチ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/25

導入事例

ホワイトペーパー
マクドナルドの人材採用戦略の軸「EVP」とは? 植村氏に聞いた4つのステップ
店舗は世界約100カ国以上に広がり、国内では現在約2900店舗、年間でのべ15億人が利用しているマクドナルド。その運営は多くの店舗アルバイト(クルー)によって成り立っている。クルーの数は2020年12月末時点で全国約16万人、退職者を含めると、これまで300万人近くを雇用してきた。これだけ多くの雇用を続けてこれた理由として、人材採用戦略の中心に「EVP(企業が従業員に与える価値:Employee Value Proposition)」を据えてきたことにある。すなわち、マクドナルドで働くことで得られる価値を、クルーに提案してきたことだ。本書では、日本マクドナルドのフィールドHR シニアマネージャー 植村 麦生氏に、同社が掲げるEVPの具体的な内容や、設計における4つのステップ、導入して根付かせるためにはどうすべきかなど聞いてみた。
ページ数:10ページ
内容(一部抜粋)
●「ピープルビジネス」という考え方について
●人材採用戦略「EVP」とは
●EVP設計4つのステップ
●EVPを導入し、根付かせるためには

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!